洗顔のしすぎに気をつけています

美しい肌をつくるために一番気をつけていることは、洗顔をしずぎないようにすることです。

私は、実際水洗顔だけでめったに石鹸やクレンジング剤では洗顔しません。

以前は洗顔をしすぎていたために、肌が油分が足りないと感じて油を出すため脂ぎっていました。油が出るために油取り紙を使用したり、しっかり洗顔していたのが逆効果だったのです。

水洗顔にかえてからは、肌が油ぎることもなくなりました。

しかし水洗顔で済ませられるために、メイクは極力しないこと、もししても水洗顔で落とせるようなコスメを使用するようにしています。

そのため化粧品はなるべくオーガニックのものにかえたり、ファンデーションもリキッドではなくパウダリーにしています。

最近は肌のケアを考えた美肌コスメが増えているので、見つけるのも難しくないと思います。

また水洗顔の際の水ですが、水道水をばけつにくんでから5時間ほどおいたものを使用するようにしています。

こうすることで、水道水の中の塩素が抜けていき、肌に負担がかからないそうです。そのためばけつにはふたはしないようにしてくださいね。

気のせいかもしれませんが、5時間以上おいた水はやわらかい感じがします。

冬場は冷たいので、5時間おいた水を沸かして使用してください。

今のところ調子がいいので、今後も水洗顔を継続します。