ナチュラル志向で美肌になれるかも。

私は、「肌をきれいにしたい」という悩みはあまり持ったことがないのですが、とても肌が弱いことが悩みです。小さい頃から敏感肌で、何にでもかぶれやすく、少し植物に触れただけで赤くなったり、理由は不明ですが特定の部分がかぶれたりしていました。

そこで、母が私のためにとても気を使ってくれたことは、自然食品です。化学調味料など、人工的なものを出来るだけ食べさせないようにと小児科の先生に言われて以来、それを実践してくれました。そのお陰でか分かりませんが、私の肌質は人に羨ましがられますし、昔に比べると肌も強くなりました。

それでもまだ、ステロイドなどの薬が手放せません。塩分や動物性タンパク質にも弱いので、食後はすぐに口を洗います。できれば石鹸ですが、石鹸によっては逆に肌が負けることも多いので、家の石鹸はすべて自然の材料のものを使っています。

また、乾燥に対してはしつこいほど保湿をします。化粧水をはたいてクリームを塗る、一般的なものですが、お風呂上りの肌が湿っている間に必ずやります。肌が乾いてからだとしみてしまったり、化粧水程度では潤いが足りないのです。もちろん、化粧水もクリームも自然のものしか使いません。ちなみに乾燥肌で、化粧水などが沁みやすい方には、粘性の低いクリームの方がのびが良く、化粧水の上から優しくカバーしてくれて、肌が負けないのでお勧めです。

お化粧も滅多にできませんが、する時は、やはり全て自然のもの。日焼け止めも同じです。そうでなければかぶれてしまうのです。

私は肌が弱いですが、それでも調子のいい時は、美肌とよく言われます。もしかしたら、神経質なほどに化学物質を排除した結果かも知れないと思っています。私にとっての最大のスキンケアはずばり、自然な物質にこだわること、です。

効果的なスキンケアとは
スキンケアに関する多くの口コミ情報や体験談をご紹介。プロの方から主婦の方まで効果的なツルすべ肌作成方法をお届けします。