看護師の勤務形態

テレビドラマや怪談話で「看護師」の「夜勤」での体験談などがよく出てきますね。

「病院」は常に24時間体制で動いているので、「病院」で勤務している「看護師」にとって「夜勤」はつきものでしょう。



勤務する「病院」によって「夜勤」の形態もさまざまありますが、多いのは「2交代制」と「3交代制」の勤務形態でしょう。



「2交代制」とは、24時間を2分割し、「日勤」と「夜勤」のふたつに分ける勤務形態です。

通常、朝9時から夜21時までと、夜21時から翌朝9時までの勤務などが一般的でしょう。



一方、「3交代制」の勤務体系はもう少し細かくなります。

「3交代制」は1日24時間を3分割し、「日勤」、「準夜勤」、「夜勤」のみっつに分ける勤務形態です。

通常、朝9時から夕方17時までが「日勤」、夕方17時から翌日の午前1時までが「準夜勤」、午前1時から朝9時までは「夜勤」といった具合に分けられます。



どちらの勤務形態においても、交代の際には「申送り」といって、その日の患者の様子や留意事項などについて情報伝達が行われます。



また、「準夜勤」や「夜勤」の際には「準夜勤手当」や「夜勤手当」といった手当が支給されることが一般的です。



「看護師」は「夜勤」などがあるので、給与額は高い水準にありますが、それだけ勤務実態も厳しく、体力が必要な職業と言えるでしょう。

もし自分の希望通りの職場に転職したいナースの方がいましたら看護師求人の募集で探してみるときっと良い案件が見つかりますよ♪

関西地方の最新求人情報は大阪の看護師求人から優良な転職サイトを見つける事ができま~す!