FXかんたん解説!~リスクについて

その敷居の低さから人気の高いFXですが、投資である以上、当然リスクが付き物です。



では実際にどのようなリスクがあげられるのでしょうか?



①為替変動リスク



FXは取引している通貨の為替変動で利益を得ますが、

相場の動きを読み間違えると、大きな損失を出してしまう

可能性もあります。

特にFXは「レバレッジ」という、

てこの原理が働いていますので、

利益が大きくなる分、損失も同じように大きくなります。



②流動性リスク



これは「思い通りの取引ができない」というリスクです。

たとえば・・

なにかの影響でみんなが一斉に同じ取引をした場合など

注文が殺到しすぎて、あなたが行いたかった取引が約定しない可能性があります。

約定拒否を避けるためにも約定力の高いFX業者の口座を開設する事をお勧めします。

このリスクは取引量が少ないマイナーな通貨ほど高まります。





③金利変動リスク



FXは取引している通貨の金利差を毎日受け取れるように

なっていますが、その国の金利が変わってくれば、今まで受け取っていた金利を逆に支払わなくてはいけなくなる場合もあります。

2国間の金利差が逆転することは滅多にありませんが、

利益が目減りしてしまう可能性は十分にあります。



④システムリスク



これは今までのリスクとは性格が異なりますが、

要は、あなたのパソコンやインターネット回線が

トラブルにみまわれて取引できなくなるリスクです。

FXがネット依存の投資方法である以上、どうしても

ついてまわるリスクです。



⑤信用リスク



取引していた証券会社の倒産などで、

預けていた資金が回収できなくなるリスクです。

FX業者も一企業である以上、

経営が立ち行かなくなる可能性も十分に考えられます。



ただ、2010年より、、

FX業者に「全額信託保全」

というものが義務化されましたので、

あなたが預けた資金は全額保全されるようになりました。

それでも、万が一にそなえて、なるべく大きな、

信頼のおける業者で取引されることをおすすめします。



このように、比較的身近なFXにも

たくさんのリスクが潜んでいる事を忘れずに

取引をおこなってみてください。