ネット証券で株式投資を行うコツ

一般的に長期投資というと、いい企業であるから長く持ち続けていれば株価は上がっていくというのがこれまでの考え方でした。

しかし、株価には波があります。また、いい企業であるというのもその時代によって移り変わり、企業の業績も変化します。

経済全体がよくても、中には業績が伸びない企業もあります。インターネットの時代になりネット証券でのオンライン取引が普及するまでは、個人投資家がリアルタイムでの株価の情報や最新の企業情報を手に入れるというのは至難のわざでした。

しかし、今では最新の株価や企業業績などをプロと遜色なく個人投資家が調べることができるようになってきたわけです。この利点を最大限に有効活用して、自身の資産運用に活かさないという手はありません。

利用できる情報が増えたり最新の情報を手に入れられるようになったことで、保有している銘柄に対する見方や株式市場全体に関する見方も株取引を始めたころよりも変化していくはずです。

長期投資のポイントとして挙げられることは、一般知識、すなわち株式の価格形成や成行、指値などの注文形態、お金の受け渡し、配当、株主優待などの受け取り方法や権利の確定といったことについてまず調べることです。そして専門知識、PERやPBRなどの指標の意味について、さらにテクニカルチャート分析などの売買のタイミングについて身につけることが大切になってきます。

そして実際に株を買って投資を行い、身につけた一般的な知識や専門的な知識を生かし、十戦力を身につけていくことが大切になってきます。