夫の作った借金

結婚してから5年後に、念願の2世帯住宅を建て、夫の義父母との同居が始まりました。

住宅ローンは、1ヶ月14万ほどでしたが、義父母が10万円を負担してくれたので、家賃程度で、それほど大きな負担にはなりませんでした。

子供も生まれ、幸せな毎日を過ごしていました。

しかし、ある日、突然、見慣れない手紙が届きました。

開けてみると、消費者金融からの督促状でした。

夫に聞くと、会社の同僚に頼まれて借りたという答えで、ちゃんと返しているから大丈夫と言われました。

釈然としない思いを持ちながらも、その時は夫の言葉を信じました。

しかし、またさらに違う消費者金融からの督促状が届き、さすがにおかしいと思い、夫を問い詰めました。

夫の口から出てきた答えは、先物取引でした。

最初は儲けが出ていたが、その内、損をするようになり、お金を借りて投資をしていた事がわかりました。

いったい幾ら消費者金融から借りているのか調べた所、450万の借り入れでした。

これは、自分たちだけで何とかできる金額ではなく、義父母に相談しました。

生命保険から借り入れしたり、定期預金を解約し、450万を用立ててもらい、返済しました。

もう、これで借金とは縁がなくなったと思っていました

しかし、1年後、また同じ督促状が自宅に届きました。

辞めたはずの先物取引を、またやっていた事がわかりました。

今回の借り入れも、400万ほどでした。

しかし、前回の返済の時に、義父母に出してもらっているので、義父母に、そんな余裕はありません。

自己破産も考えましたが、マイホームがあると無理と言われ、結局、任意整理という方法を司法書士にお願いしました。

月々の返済を少なくしてもらい、3年以内に返済する事になりました。

返済プランができあがった時点で、私は離婚しました。

一緒に暮らしていたら、また、督促状が届くのではないかという恐怖感と、夫が信用できなくなったからです。

借金によって、だいぶ人生が変わってしまった私たち夫婦です。